気分が変わりやすい双極性障害の症状|気分の落差でまるで別人

クリニックで双極性障害を解決

継続治療で普通の生活を

下を向くレディー

うつ病とは全く異なる病気

双極性障害とは、気分が非常に高まる躁状態と、落ち込んでしまううつ状態を繰り返す病気であり、気分の落差でまるで別人のように見えるものです。一般的には躁うつ病という名前で知られているため、うつ病と似たように思われていますが、全く異なる病気です。一般に、受診のきっかけになるのはうつ状態のときがほとんどです。躁状態のときは、患者さん自身はエネルギーに溢れて快調だと感じています。気分が落ち込んだときに受診するため、うつ病と診断されやすいのです。双極障害であるにもかかわらず抗うつ薬で治療を続けていても、うつ状態は改善しません。そればかりか躁状態とうつ状態が混じりあって出現したり、躁とうつの状態が急速に交代することを繰り返したりします。現在のところまだ早期に双極性障害とうつ病を鑑別診断する有効な方法はありません。そのため、双極性障害の患者さんの中には長年うつ病の治療を続けているのに症状が改善しないという悩みを抱えている人が少なくありません。特に激しい躁の症状が出現しにくい双極2型のタイプでは躁状態が見逃されてしまっている場合も珍しくないのです。うつ病と診断されて、医師の指示通りに3ヶ月以上抗うつ薬を服用しているにもかかわらずなかなか改善しない人は、今一度症状全体を振り返ってみましょう。これまで気分が高揚してさまざまなアイデアが頭の中で浮かんできたことや、眠らずに何日も徹夜しても平気だったことや、気が大きくなって考えられないほど浪費してしまったことなどがないでしょうか。自分では気づかなくても家族や親しい人は違和感を感じたことがあったかもしれませんから、さかのぼってたずねてみましょう。そして、それらに該当することがあれば、主治医に相談しましょう。

本人と家族の理解が必要

うつ病の主な治療薬は抗うつ薬ですが、双極性障害では気分安定薬と非定型抗精神病薬が使われています。これらの薬を医師の指示通り服用することは躁状態やうつ状態の症状を改善するだけでなく、再発を防ぎ生活を安定させるのに欠かせません。治療せずに放置するとほとんどの場合再発します。さらにその再発機関が短くなっていき、社会的信用、仕事、財産、人間関係で大きなトラブルを抱えることになり、自殺の恐れも高くなります。度重なる再発を急速交代化(ラピッドサイクリング)といい、こうなると調子のよい時期(寛解期)がほとんどなくなってしまう可能性も出てきます。双極性障害の治療は病気のこうした性質から長期にわたります。生涯病気とつきあう気持ちで治療を続けていく必要があるのです。気分安定薬は躁状態とうつ状態の治療と予防に効果があり、双極性障害治療の基本になる薬です。非定型抗精神病薬は統合失調症の治療などに使われる薬ですが、気分安定薬と一緒に使うことによって、躁症状の治療に効果を発揮します。それ以外に寝付けない、途中で目が覚めてしまうなどの入眠障害がある場合には睡眠導入薬なども用いられることがあります。治療に当たっては、患者さん自身の治療継続への自覚が大事ですから、発病初期に疾患について正しく理解し受け入れられるように適切な教育が大切です。また、患者さんを支える家族の方にも疾病について理解してもらうことが大事です。再発防止のためには服薬の継続が欠かせません。躁状態はそれが病気の症状であるとしても、受け入れるのが難しいものです。これらのマイナス要因を受け止め、なおかつ治療継続につなげていくためには家族の協力が必要です。

気分変動の激しい心の病

病院

症状の現れ方は、双極性障害といっても人によります。躁状態やうつ状態には特徴はありますが、現れる頻度や症状の度合い、性格との関係により現れることは違います。当人も周囲の人も振り回されるものですが、理解して対応することで完治できます。

View Detail

別名は気分障害

相談

双極性障害は別名気分障害とも言われ、その症状はときに気落ちしたり、泣いたりするようなマイナス思考に陥ってしまう場合があります。ハイテンションとなって行動が活発化し周囲に迷惑をかけるほど暴走することもありますので、しっかりと治療をしていくようにしましょう。

View Detail

気分の波が出る病気です

悩む男性

双極性障害は躁とうつの波が交互に現れる病気です。はじめのうちは憂うつ症状が現れますが、重度のうつや妄想や幻覚など精神病症状を伴うと双極性に移行していきます。薬物療法は抗精神病薬を使用して躁とうつの波を抑え、感情をコントロールするカウンセリングを行うことで徐々に現状に生活環境に戻ることができます。

View Detail